オルニチンはしじみに配合されている

シジミには他のものに比べ多くのオルニチンが含まれています。
シジミ100g中に、10~15mgのオルニチン量です。
これ以外に魚類や野菜類、乳製品などにも少量ですが含まれています。
シジミ以外で比較的沢山含んでいるのは、えのき茸で100g中に12mg程度含まれています。

オルニチンは、遊離アミノ酸として血液や細胞の中で蓄えられているアミノ酸で、肝臓の働きを助けたり、成長ホルモンの分泌を促したり、筋肉の増強にも役立っています
肝臓ではアンモニアを解毒し、尿素に換えて排出させます。
また二日酔いの場合は、アルコールが分解された後、アセトアルデヒドが残る事で起こる症状ですが、これらも解毒しています。
肝臓は、日々の食生活で取り入れられたあらゆる物質を体内で有益な物質にして体内に送り出している重要な臓器ですから、この臓器の働きを助成してくれるオルニチンは摂取するべき大切な栄養素です。

お酒を飲まれる方も飲まれない方も基礎代謝をアップさせることができますから是非摂取して下さい。
肝臓に余り負担を与えていない食生活の方も少量でいいですから摂食してください。
インスタントみそ汁でシジミエキスを配合しているものもあのますのでこれらも活用されればいいと思います。