しじみとあさり、ダイエット効果が高い方は?

しじみもあさりもダイエットに効果的なオルニチンが含まれている

しじみとあさりには、さまざまな共通点があるのをご存じでしょうか。
どちらも同じ二枚貝であり、含まれている栄養も似ています。
しじみやあさりに含まれている代表的な栄養といえば、アミノ酸やビタミンB群、ミネラルなどが挙げられます。

中でも注目の成分は、脂肪燃焼を手助けしてくれるオルニチンです。
オルニチンとはアミノ酸の一種で、主に肝機能のサポートをする成分として知られています。
また、成長ホルモンの分泌を促すのもオルニチンの働きのひとつです。

実は、この成長ホルモンの分泌促進はダイエットに効果的だといわれています。
成長ホルモンは筋肉を作る際に重要なホルモンであるため、成長ホルモンの分泌が促進された状態で運動をすると通常よりも筋肉がつきやすくなります。
筋肉がつけば代謝がアップし、余分な脂肪の燃焼が促進されるため、スリムで健康なからだを作ることができます。
つまり、オルニチンを摂取することによって、間接的ではありますがダイエットの成功に繋げられるのです。

しじみはオルニチンの含有量が多い

しじみとあさりの両方にオルニチンは含まれています。
しかし、それぞれに含まれているオルニチンの量は大きく異なります。
あさりはオルニチンの量が微量であるのに対し、しじみはオルニチンの量が100グラムあたり約10~15ミリグラム含まれているため、その差は歴然です。
ちなみに、あさりをだけでなく、しじみ以外の貝はオルニチンをほとんど含んでいません。
そのため、ダイエット効果のあるオルニチンを最も多く含んでいる貝は断トツでしじみだといえます。

カロリーが低いのはあさりの方

ただし、あさりにもひとつだけしじみに勝るダイエット効果があります。
それは、あさりの方がしじみよりも低カロリーという点です。
しじみは100グラムあたり約50キロカロリーであるのに対し、あさりは100グラムあたり約30キロカロリーしかありません。
そのため、オルニチンの量よりもカロリーの低さを重視しているのであれば、あさりの摂取がおすすめです。

まとめ

しじみとあさりはどちらもダイエットに効果的ですが、脂肪燃焼の促進効果から考えるのであればしじみの摂取が断然おすすめです。
カロリーはあさりの方が低いですが大きい差があるわけではないため、総合的に見ればしじみの方がダイエットに向いています。
ダイエットにおすすめの食べ物を探している方は、ぜひしじみを食生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。