血液に溶け込む事で効果を出すオルニチン

オルニチンを経口摂食すると、腸から吸収され血液に溶け込んで体内を巡っています。
ここまでは他のアミノ酸となんら変わりがないのですが、オルニチンは遊離アミノ酸なので直接アミノ酸としての働きをするのではなく血液中を巡っていてアミノ酸が不足している箇所に補充をしています。
血液で循環するだけではなく肝臓や腎臓及び筋肉に運ばれ貯蔵されます。
アルコール類を飲みすぎた時は肝臓で分解された後、アセトアルデヒドが肝臓に残ることになります。

これをオルニチンが解毒して不快な状況を改善してくれます。
また、肝臓ではオルニチンサイクル(尿素回路)を形成しアンモニアの解毒をして排泄していきます。
これを解毒しなければ生命活動の元となるアデノシン三リン酸を産生したり、脳の主要成分であるグルコース生成を妨害する物質を解毒を助けることによる、生命活動の維持安定の障害になります。
オルニチンはアルギニンを生成しますが、アルギニンもまたオルニチンを生成します。

同時に摂取することにより相乗効果が発揮されますから、この双方が入っているサプリメントがあればもっとも良いと思います。
オルニチンは体内で単独に生成できる物質ではありませんので、食べ物やサプリメントで摂取して下さい
オルニチンは血液を介して健康の維持に活躍します。