しじみに含まれる鉄分について

しじみに含まれている鉄分の量は?

しじみにはさまざまな成分が含まれていますが、その中でも特に注目されているのは鉄分です。
人間のからだを健康に機能させるために必要不可欠な鉄分をしじみから摂取することができます。
しじみには100グラムあたり約5.3ミリグラムの鉄分が含まれています。
人間が1日に摂取すべき鉄分の量は、成人で約10ミリグラムです。ただし、12~20歳にかけての女性は約12ミリグラム、妊娠・授乳期の場合は20ミリグラムの鉄分を必要としています。
レバーやマグロ、カツオ、イワシといった動物性の食材や、ほうれん草、小松菜といった野菜にも鉄分は含まれているので、十分な鉄分を摂取するためにしじみと合わせて食べた方が1日で摂取すべき鉄分の量を達成しやすくおすすめです。

鉄分が与えてくれる効果

しじみなどの鉄分が多い食べ物を摂取することによって、貧血予防効果や美肌効果を得ることができます。
鉄分の具体的な働きについて詳しく紹介します。

貧血予防になる

鉄分は貧血予防に効果的な成分です。
血液の中に含まれているヘモグロビンという物質を作るためには鉄分が必要不可欠です。
ヘモグロビンは酸素をからだのすみずみに運ぶ役目を持っている物質です。
そのため、ヘモグロビンの材料である鉄分が不足してしまうとヘモグロビンの数が減り、全身の酸素の量が足りなくなってめまいや立ちくらみといった症状を引き起こします。要するに、からだが貧血であることを示しているのです。
そのような状態を防ぐためにも鉄分の摂取は重要といえます。

美肌作りにも欠かせない

貧血状態になってしまうと、健康面だけでなく美容の面においてもトラブルが発生します。
特に、血液の状態は肌に影響が出やすいです。
貧血を起こすことによって、顔色の悪化や肌荒れ、くすみなどを起こす可能性があるため、美肌作りのためには鉄分をしっかりと摂取しましょう。
また、しじみには皮膚を新しく生成するように促すオルニチンや、肝機能を向上させて余分な脂肪を燃やす働きを期待できるタウリンといった成分も含まれています。
そのため、しじみを摂取すれば貧血による肌トラブルだけでなく、さまざまな美容効果が期待できます。

まとめ

しじみに含まれている鉄分だけで1日の必要な摂取量を達成することは難しいです。
そのため、鉄分を含む他の食品の補助として食べるのが現実的といえます。
特に女性の場合は、多くの鉄分を必要とする時期もあり、意識的に鉄分を摂取するためにもしじみは有効です。