お酒をよく飲む人に欠かせないオルニチンという成分

シジミが持っている栄養素のオルニチンは、二日酔いに効果があると言われています。
しかしアルコール依存症に近いような状態の方は、幾らオルニチンを補給しても肝臓自体が音をあげている状態では効果はありません。
先ずはアルコール依存症にならないように気を付けてください。
アルコール依存症は脳の疾患で一度この依存症にかかれば完治が難しいのが現状です。

今ここで述べるのは、友人や会社の同僚とお酒を飲んで度が過ぎて飲みすぎた場合のオルニチン効果を言っています。
アルコールを摂取すると肝臓でアセトアルデヒドという有害物質に分解され、さらにこの後、酢酸に分解され有害物質でなくなります。
これが正常なアルコール分解ですが、呑みすぎた場合すでに肝臓が弱っていますのでそれ以上に飲み続けると、アセトアルデヒドの分解も追いつかなくなり肝臓や血中に残ってしまいます
すると、吐き気や頭痛の症状が出てきます

オルニチンは、アセトアルデヒドの分解を助成してくれるので徐々に改善に向かうことができます。
いくらオルニチンが助成してくれるからと言って連続的に飲酒を続ける事はやるてください。
お酒を飲まない日を設け肝臓の機能回復を図るようにしてください。
オルニチンは「飲酒の友」ではありません。
体の為に働いています。